バニラエア利用時の注意

荷物の重さやサイズにも制限がある

バニラエアバニラエア・チョイス

持ち込める荷物は2つまで | 荷物の重さやサイズにも制限がある | ラゲッジチェッカーが便利!

スーツケースやキャリーバッグのサイズは、56センチ×36センチ×23センチ以内である必要があります。
これよりも大きいと機内に持ち込むことが出来ません。
重量に関しては手荷物2個以内で、10キロ以内と決まっています。
10キロを超えた場合は超過分の料金を支払う必要が出てきます。
機内持ち込めない場合は、航空カウンターで預けることが必要になり、また別途料金も発生します。
注意したいのは手荷物を無理に詰め込んだり押し込んだ場合、持ち込み可能サイズを超えていると判断されてしまいます。
受託手荷物は20キロ以内であれば無料で預けることが可能です。
ただし、無料で預けることが出来るのは、コミコミバニラという料金プランの場合のみになります。
コミコミバニラは受託手荷物が20キロまで無料で、事前に座席指定(スタンダードシート)が無料でできます。
便や日付の変更に関しては手数料500円から、有料にはなりますがLCCでは珍しくキャンセル(払い戻し)も可能となっています。
もう一つのプランであるシンプルバニラの場合は、通常販売されているプランの中で最もリーズナブルな料金になっています。
荷物を預けたり座席指定などはオプションになるので有料ですが、とにかく安く乗りたい人向けです。
ちなみにキャンセルはすることができません。