バニラエア利用時の注意

ラゲッジチェッカーが便利!

持ち込める荷物は2つまで | 荷物の重さやサイズにも制限がある | ラゲッジチェッカーが便利!

キャンペーン料金で乗ることが出来る、わくわくバニラは不定期で登場します。
国内線・国際線ともに搭乗券の予約購入や変更は直前まですることができます。
国内線は出発予定時刻の40分前まで、国際線は出発予定時刻の60分前までです。
変更は国内線は出発予定時刻の90分前まで、国際線は出発予定時刻の120分前までOKですが、チェックイン後は変更手続きは不可になります。
バニラエアではそれぞれの料金プランによって、預けられる荷物が変わってくるので注意しましょう。
荷物が多い人は最初からコミコミバニラで予約をすることをおすすめします。
受託手荷物で20キロを超えてしまうのは大抵は海外旅行時くらいになります。
受託手荷物のサイズですが三辺の和が203センチ以内で一辺の長さが120センチ以内と決められています。
これを超過するとその分の追加料金が発生するので注意しましょう。
手荷物の検査もかなり厳重です。
尚、手荷物の重さをはかるのに便利なアイテムは、ラゲッジチェッカーです。
こちらは手荷物の重さがある程度図ることができ、なおかつ旅行先に持っていくことが出来るので、帰りにお土産などで荷物が増えても心配ありません。
値段も1,000円程度のものから売っているので、旅行や出張などでよく航空会社を利用する際は一つ持っていて損はありません。
ベビーカーや車椅子などは無料で預けることが可能です。
ゴルフバッグなどのスポーツ用品などは規格外の大きさだと有料になりますので注意しましょう。
また一辺の長さが200センチを超える場合は事前に確認が必要になります。